今年、店舗内装の新projectを実行しました。

コロナによる経営の危機を脱するため店舗内装のプロジェクト発足

コロナによる経営の危機を脱するため店舗内装のプロジェクト発足店舗内装と並行しテイクアウトも含めた新メニューの開発も行う店舗内装の評判は上々でお客様に安心して喜んでもらいたい

コロナウイルスの影響でお店に人が来ない、何らかの対策を打たなければ廃業せざるをえない、そんな危機的な状況を脱するべく会社全体で店舗内装の新projectを立ち上げることにしました。
私個人のイメージではなく、プランナーさんや別の店舗改装に成功した店長さんなどの専門家の意見を借りつつ、会社全体で新しいprojectを実行するような運びになったのです。
店舗内装の変更はある程度現場の人間に任せられている部分もあるのですが、今年に関しては一つの失敗が致命傷になりかねないため、社内で新project化したような流れだと想像してくだされば分かりやすいです。

個人で経営しているお店など、国や県からの支援金があったとしても家賃の支払いに困窮し、アルバイトどころか正規で雇っているシェフを解雇する必要に迫られたという話が私の耳にも届いていますので、ここで抜本的な対策が必要だと私も気合が入りました。
店舗内装の変更は一日二日で終わるものではなかったので、改装業者さんとの打ち合わせもかなりの頻度で行いました。
事前に伝えていたここをこうしてほしいといった要望が、実際には通らず別の形を取る必要なども生じたからです。
つまりすべてが会議ベースで進んでいたprojectの通りにはい行かなかったということです。

店舗内装/project店舗内装